鉄骨の詳細部材を自動生成する機能を追加(資料:オートデスク)
[画像のクリックで拡大表示]
「Revitアイデア」に投稿された要望を取り入れて改善した(資料:オートデスク)
[画像のクリックで拡大表示]
構造設計との連携を強化した(資料:オートデスク)
[画像のクリックで拡大表示]

 オートデスクは、建築・土木インフラ業界向けのBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)/CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)パッケージ「Architecture、Engineering & Construction Collection(AECコレクション)」の新バージョンの販売を2018年4月20日から開始した。

 BIMソフトウェアの「Autodesk Revit」では、世界中のユーザーが機能改善の要望や新機能のアイデアを投稿できる「Revit アイデア」に寄せられた声を集計し、「いいね」の多いものの中から、機能的に重要と判断したものを選び出して採用している。今回は、3次元(3D)ビューで高さを表示したり、斜め断面の図面に寸法機能を付加したりするなど、現場の業務効率を上げる新機能を追加した。

 鉄骨工事における構造設計との連携も強化した。鉄骨詳細モデルの自動作成ソフトウェアを提供するファーストクルーやカルテックなどと連携し、BIMとCADとの間で、データを双方向でやり取りできる機能を導入している。これによってデータの誤入力や破損を防ぎ、変更や修正の確認などを短時間でスムーズに行うことが可能になった。

 希望小売価格(税別)は、42万1000円(1年間のサブスクリプション、シングルユーザーの場合)。

問い合わせ先:オートデスク
URL: https://www.autodesk.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード