ソーラーパネルでバッテリーに充電する(資料:オプテックス)
[画像のクリックで拡大表示]

 オプテックスは、工場や事業所の敷地内に設置する安全対策用のソーラーLED照明「LS-10」を2018年4月7日に発売した。

 センサーが人を検知すると点灯し、人がいない時は消灯する。コンパクトで軽く、ポールや壁面、天井などに取り付け可能。通用口や駐輪場などの設置に適しており、暗がりを解消し、つまずきや接触などの事故を防ぐのに役立つ。

 ソーラーバッテリーを搭載しているので、設置場所の周辺に商用電源を確保する必要がなく配線工事が不要。停電時でも明かりを確保できる。蓄電しにくい雨の日や曇天が続いても動作する。

 降雨や風の影響を受ける屋外環境や、マイナス20℃の低温環境にも耐える性能を備えている。バッテリーの期待寿命が15年と長いので、メンテナンスに手間がかからない。

 希望小売価格(税別)は、3万5000円。

問い合わせ先:オプテックス
電話:077-579-8630
URL: http://www.optex.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード