「メトロポリスEX」のクールイエロー施工例(資料:LIXIL)
[画像のクリックで拡大表示]

 LIXILは、視覚障がい者用誘導ブロックに視認しやすく景観とも調和する色「クールイエロー」を追加し、2018年3月1日に販売を開始した。

 視力が低い人(ロービジョン者)を安全に誘導するために、公共の道路などでは濃い黄色のブロックが用いられる。だが、黄色が非常に目立つため、景観を重視する建築家やデザイナーのなかには使用を避けて白や黒、グレーなど周囲の路面と同じような色のブロックや金属製の鋲のブロックを設置する人が多い。これらはロービジョン者が視認しにくく、路面の凹みや排水溝と見間違えるリスクがある。

 「クールイエロー」は、色調を変えた様々な黄色の誘導ブロックの視認性をロービジョン者たちに評価してもらい、景観との調和を考えながら調整した新色。少し暗くなってきた夕方でも見分けやすく、視認性を重視するロービジョン者と、景観を重視する建築家双方のニーズに対応することができる。脳神経回路を研究分野とする東京大学伊藤研究所や建築家の隈研吾氏、ユニバーサルデザインに関わる複数の企業などが共同で開発に携わった。

 舗装用床タイルの新製品「メトロポリスEX」の視覚障がい者用誘導ブロックに採用するほか、「視覚障がい者用床タイル」、透水性ブロック「サンドロック」のカラーバリエーションにも追加する。

 価格(税別)は、「メトロポリスEX」の400mm角が1枚7800円、「視覚障がい者用床タイル」の300mm角が1枚4800円など。

問い合わせ先:LIXIL
電話:0120-179-400
URL:http://www.lixil.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード