公共工事品質確保法などの担い手3法は発注者に対し、施工者が適正な利潤を確保できるよう予定価格を適正に設定することを求めている。積算基準を構成する歩掛かりには、この方針に基づく改定を要する項目がまだあると、発注者支援業務の経験者として思う。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら