東京を代表する風景として世界中に知られる、渋谷のスクランブル交差点。大勢の人が行き交う様子を見下ろせる絶好の場所が2019年11月1日にオープンする。渋谷駅の真上に立つビル「渋谷スクランブルスクエア第1期(東棟)」の屋上、229mの高さに位置する展望施設「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」である。施設は14階と45階、46階、そして屋上から成る。

 東急とJR東日本、東京地下鉄(東京メトロ)の3社が共同で建てた渋谷でダントツに高いビルの屋上に上って夜景を見に行くと、真下にあるスクランブル交差点はもちろんのこと、そこから続く道玄坂や公園通りなどの坂道沿いに広がる派手なネオンサインや街灯が見渡せる。渋谷という街の姿を俯瞰(ふかん)して見られる最高のポジションといえる。

SHIBUYA SKYの屋上から見下ろした、夜の渋谷スクランブル交差点。道玄坂や公園通りといった坂道沿いのネオンサインもよく見える(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 屋上展望空間の面積は約2500m2と、日本最大級の広さを誇る。真ん中にはヘリポートがある。

 この記事では写真を中心に、渋谷の新しい観光名所になることが確実なSHIBUYA SKYの夜の様子や楽しみ方を順路に沿って紹介していこう。随所にインスタ映えしそうな場所の写真を掲載したつもりだ。

 SHIBUYA SKYの入り口は、ビルの14階にある。そこでチケットを購入し、専用ゲートを通過する。料金は大人が2000円(税込み)で、営業時間は午前9時から午後11時まで。夜景を存分に楽しめるよう、遅くまで開いている。

14階にあるSHIBUYA SKYの専用ゲート(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 チケットはSHIBUYA SKYの公式サイトで事前予約できる。開業当初は混雑が予想されるので、できれば予約していくといい。

 ゲートを左に曲がった場所で、45階まで直通のエレベーターに乗るため待機する。その空間「予感の部屋」の天井には、人感センサーで映像が変化するデジタル演出が施されている。

エレベーターの待機場所「予感の部屋」の天井は、人の動きでデジタル映像が変わる(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 順番が来たら、エレベーター「移行空間」に乗る。エレベーターの中では天井に注目してほしい。空に上るような映像と立体音響が流れ、見ているとあっという間に45階に到着する。

14階から45階への直通エレベーター内の天井には、空に上るような映像が立体音響と共に流れる(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 降りると、暗闇の部屋に光の演出が見える。そして真っすぐに伸びるエスカレーターが現れる。45階は空間全体で非日常への入り口の雰囲気を醸し出している。中でも空間とエスカレーターを包む「導きの光」が、来場者を天空へと誘う。期待感はいやが上にも高まる。

エレベーターを出て最初に目にする45階の暗い空間。光の線が非日常感を醸し出す(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
45階から46階に進むエスカレーター。「導きの光」が屋上へと来場者を誘う(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 1つ上の46階が屋上への入り口だ。このように14階から46階まで、来場者の動線はつながっている。すぐにでも屋上に出たくなるが、その前に荷物は46階のロッカーに預ける。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら