三井物産と三井不動産が都内の大手町1丁目2番地区で共同で推進している街区名称が、2019年10月17日に「Otemachi One」に決定した。2棟のビルの20年2月の竣工に向けて、工事を進めている。

三井物産と三井不動産が大手町で推進している街区名称が「Otemachi One」に決定(資料:三井物産、三井不動産)
[画像のクリックで拡大表示]

 Otemachi Oneでは、20年5月に多目的の「大手町三井ホール」と約30の店舗がオープンし、同時にオフィスエリアには三井物産が新本社を構える。入居の決まっていた「フォーシーズンズホテル東京大手町」の開業が同年7月となることも明らかになった。

 Otemachi Oneの敷地面積は約2万900m2、延べ面積は約35万8700m2。街区内に立つ2棟のビルは、高層階にフォーシーズンズホテルが入居する建物を「Otemachi One タワー」、三井物産が新本社を置く皇居側の建物を「三井物産ビル」とする。大手町有数の大規模複合施設になる予定だ。

「Otemachi One タワー」と「三井物産ビル」の2棟で構成する(資料:三井物産、三井不動産)
[画像のクリックで拡大表示]

 建物のデザインアーキテクトには、米ニューヨーク市のワンワールドトレードセンターや、国内では東京・六本木の東京ミッドタウンなどをデザインした「Skidmore、Owings & Merrill LLP(スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル)」を起用。設計は日建設計と鹿島のJV、施工は鹿島が担当する。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら