建設が進む東京外かく環状道路(外環道)都内区間のうち、中央自動車道と交差する中央ジャンクション(JCT)の地中拡幅部4工区の施工者がほぼ決まった。この4工区では2016年10月に公募型プロポーザルを公告したが、談合の疑いが持ち上がり17年9月に契約中止に追い込まれた。発注者である東日本、中日本の両高速道路会社は参加要件を緩和するなどして、18年9月から再度、発注手続きを進めていた。

外環道中央ジャンクション地中拡幅工事の優先交渉権者。技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ)を採用した。東日本、中日本の両高速道路会社の資料を基に日経コンストラクションが作成
[画像のクリックで拡大表示]

(関連記事:期待の新契約方式で墓穴か

 いずれの工区も大深度地下で、本線トンネルとランプ(連結路)トンネルの分岐・合流部を非開削で切り開きながら構築する。極めて難しい工事のため、前回に引き続き技術提案・交渉方式(設計交渉・施工タイプ)を採用した。

地中拡幅部の概要。分岐・合流部を構築するため、本線とランプ(連結路)それぞれのシールドトンネルをつなぐ箇所を地中で拡幅する。国土交通省や高速道路会社などの資料を基に日経コンストラクションが作成
[画像のクリックで拡大表示]

 この方式ではまず、技術提案に基づいて選定した優先交渉権者と設計業務契約を締結。設計の過程で価格などを交渉し、設計完了後に合意すれば施工契約を結ぶ。基本的には、優先交渉権者がそのまま施工者となる仕組みだ。

 地中拡幅部は中央JCTを挟んで北側と南側の両方にあり、さらにそれぞれ北行きと南行きに分かれる。優先交渉権者は、19年1月29日の北地中拡幅(北行き)工事を皮切りに順次決定。10月4日に南地中拡幅(北行き)が決まり、4工区が出そろった。

外環道都内区間の位置図。国土交通省や高速道路会社などの資料を基に日経コンストラクションが作成
[画像のクリックで拡大表示]

 4工区の優先交渉権者は以下の通り。北地中拡幅工事のうち、北行きが大成建設・佐藤工業・大豊建設JV、南行きが前田建設工業・安藤ハザマ・青木あすなろ建設JV。南地中拡幅工事のうち、北行きが大林組・フジタ・銭高組JV、南行きが鹿島・鉄建建設・西武建設JVだ。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら