首都高速道路会社は2019年9月29日、高速1号羽田線の造り替えのために16年6月から閉鎖していた大井ジャンクション(JCT)の復旧工事を終えて通行を再開した。再開前の9月24日には、完成した大井JCTとともに、急ピッチで施工が進む羽田線を報道陣に公開した。

通行再開前の大井JCTのランプ橋から芝浦方面を見る。左から順にランプ橋、施工中の上り線、既設の下り線、東京モノレール、京浜運河。ランプ橋の左奥が迂回路で、暫定の上り線として運用中だ。ランプ橋は迂回路と接続しているが、将来は現在施工中の上り線に付け替える。その際、中央付近の橋脚から先の橋桁を撤去して造り直す(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

大井JCTのランプ橋から湾岸線方面を見る。施工のスピードアップと架設時の吊り上げ重量低減のため、ランプ橋には鋼床版と鋼製壁高欄を採用した(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

 1963年に開通した羽田線の東品川桟橋・鮫洲埋め立て部の約1.9kmの区間は、桟橋の高さが京浜運河の水面から数メートルしかない。塩分や干満の影響で桟橋の床版コンクリートが損傷したり、埋め立て部の土留めの鋼矢板がはらんだりして劣化が進んでいる。

 そこで首都高は16年、1日当たり7万台もの交通量がある同区間の通行を確保しながら、既設の道路を撤去して高架橋などに造り替える工事に着手した。施工者は大林組・清水建設・三井住友建設・東亜建設工業・青木あすなろ建設・川田工業・東京鉄骨橋梁(現・日本ファブテック)・エム・エムブリッジ・宮地エンジニアリングJVだ。

 工事ではまず、既設の上り線の隣に本設とほぼ同等の規格の高架橋で仮設の迂回路を設け、車の走行ルートを確保。次に、上り線を解体して同じ場所に道路を造り直す。更新後は路面の位置が高くなるので、上下線をまたいで上り線に接続していた大井JCTのランプ橋の一部も架け替える必要があった。

 17年9月に迂回路が開通して暫定の上り線として運用を始めた後に、ランプ橋を撤去した。現在施工中の上り線は20年の東京五輪までに完成させ、それを暫定の下り線として運用しながら既設の下り線を造り替える。 

更新前の羽田線。迂回路を設置して交通を確保してから既設の上り線の撤去に着手した(資料:首都高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

2019年9月29日時点の工事の進捗。黄色のランプ橋が湾岸線と迂回路をつないだ。今後、20年に開催する東京五輪までに赤色の本設の上り線を完成させる。その上り線を暫定の下り線として運用しながら既設の下り線を造り替える(資料:首都高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

更新後の羽田線。2023年冬ごろをめどに上下線の造り替えを完了させ、迂回路の撤去に着手する予定だ。大井JCTのランプ橋は本設の上り線に付け替える(資料:首都高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら