日本スポーツ振興センター(JSC)は2019年7月3日、2020年東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場となる「新国立競技場」の建設現場を報道陣に公開した。大会開催まであと1年あまり。JSCは4月の定例会見で内装など細部デザインの調整を終えたと発表。5月には最難関とされた屋根工事が完成している。

 19年11月末の完成を目指し、今後はフィールドでの芝生の敷設や、内外装の仕上げ、歩行者デッキの工事などを進める。3年の全体工期も残すところあと6分の1弱となった。最終段階に入った新国立競技場の建設現場を写真でお伝えする。

南側デッキから新国立競技場南側外観を望む(午後0時19分撮影)
(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
新国立競技場南側デッキに設置された「国立競技場」の名称看板(午前11時45分撮影)
(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
新国立競技場の南側川外観(午前11時39分撮影)
完成後の名称は「国立競技場」となる(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
建設現場に設置している飲料(午前11時37分撮影)
高血圧の作業員は麦茶を好むため、塩分が不足して熱中症になりやすい。そのため薄めのスポーツ飲料を用意している(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

関連記事

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら