国内最大となるシールド機によるトンネル掘削がいよいよ本格化する。東京都心から約15km離れた外周部を南北に結ぶ東京外かく環状道路(外環道)の東京区間。延長約16.2kmのトンネルの北側に位置する大泉ジャンクション(JCT)で2019年1月下旬、2機のシールド機の発進式が催された。

(写真:大上 祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

 南側に位置する東名JCTからは、一足早く17年2月に2機のシールド機が発進している。今回、大泉JCTからもシールド機が発進することで、外環道東京区間を南北からそれぞれ掘削する計4機のシールド機が出そろったことになる。
(関連記事:外環道、大泉側のシールド機がいよいよ発進ついにシールド機発進、外環道都内区間の東名側

 外環道によって関越道の大泉JCTと中央道の中央JCT、東名高速の東名JCTがつながる。これまで関越道から東名高速へ向かうには、一般道の環状8号線を通って約60分かかっていた。

 外環道が完成すれば、所要時間はわずか約12分と、5分の1に短縮される。渋滞緩和による定時性の確保だけでなく、環状8号線の抜け道として使われていた生活道路での交通事故の減少や、災害時にも通行できる経路の確保といった効果も期待されている。

(資料:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]

 外環道の大泉JCT―中央JCT―東名JCT間は、片側3車線、計6車線のトンネル区間となる。大泉JCTから東名JCTへ向かう「南行きトンネル」と、東名JCTから大泉JCTへ向かう「北行きトンネル」を、それぞれ東名JCT側と大泉JCT側の双方から掘削する。

 南行き、北行きの各トンネルは、ビル4階分の高さに相当する約15.8mの外径があり、地下約40mの深さに造る。地下40m以深は「大深度地下」と呼ばれ、利用においては用地の取得が不要となるため、費用を抑えて完成を早められる利点がある。

(資料:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]

 東名JCTから発進した2機のシールド機は約9kmのトンネルを掘進する。今回、大泉JCTから発進した2機は約7kmのトンネルを掘進する。両者のシールド機は、井ノ頭通り付近の地下で接合する計画だ。

 東名JCTから発進した2機のシールド機は現在、南行きトンネルを約800m、北行きトンネルを約700mそれぞれ掘進した。以下の写真は、東名JCTから構築が進むトンネルの内部だ。

(写真:大上 祐史)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら