建設が進む東京外かく環状道路(外環道)都内区間のうち、北端の大泉ジャンクション(JCT、練馬区)から南向きに本線トンネルを掘るシールド機の発進式が1月26日に開かれた。

1月26日の発進式には石井啓一・国土交通大臣や小池百合子・東京都知事らが参加。一般公募していたシールド機の愛称は「カラッキィー」と「グリルド」に決まった(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

 外環道の都内区間では、南行きと北行きそれぞれの車線用に外径15.8m、延長16.2kmの本線シールドトンネルを2本整備する。両トンネルともに北端の大泉JCTから南へ約7km分と、南端の東名JCT(世田谷区)から北へ約9km分の2工区に分割。本線トンネルだけで4工区としている。

外環道都内区間のルート図。今回発進したのは大泉南工区のシールド機で、大泉JCTから井の頭通り付近直下の地中接合部を目指す。国土交通省などの資料と取材を基に日経コンストラクションが作成
[画像のクリックで拡大表示]

 東名JCT側の2工区では2017年2月にシールド機2機が発進しており、これで4工区全てで掘削が始まった。大泉JCT側と東名JCT側からそれぞれ地下40mより深い「大深度地下」を掘り進め、井の頭通りとの交差部付近で地中接合する計画だ。総事業費は1兆6000億円を見込む。

 大泉JCTから掘進する2本のトンネルのうち、南行きを東日本高速道路会社が、北行きを中日本高速道路会社がそれぞれ発注。南行きは清水建設・熊谷組・東急建設・竹中土木・鴻池組JV、北行きは大成建設・安藤ハザマ・五洋建設・飛島建設・大豊建設JVが施工する。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら