品川駅西口駅前広場のイメージ動画。国土交通省では「将来必要となる機能をイメージしたもので、整備内容を決定したものではない」としている(資料:国土交通省東京国道事務所)

 「リニア(中央新幹線)が入るわけだから、JR東海とはしっかり運営・運用について議論しておきたい。将来的に地下鉄が延びてくることも考え、どういった相手とどのように連携すべきかを想定しておかなければならない」。

 国土交通省東京国道事務所が10月29日に開いた「国道15号・品川駅西口駅前広場整備事業計画検討会」の初会合で、座長を務める岸井隆幸・日本大学特任教授は、検討会のメンバーではないJR東海や地下鉄事業者との連携を訴えた。

検討会の初会合の様子(写真:日経コンストラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

 この整備事業は、東京の品川駅西口で駅前を通る国道15号の上空に大規模な広場を造るというもの。国道上に約2haの人工地盤(デッキ)を設け、次世代型交通ターミナルやにぎわい広場、商業施設などを整備する。

次世代型交通ターミナルのイメージ(資料:国土交通省東京国道事務所)
[画像のクリックで拡大表示]

 目玉となる次世代型交通ターミナルは、自動運転技術を活用した電気自動車など最先端のモビリティー(移動手段)の乗降場だ。デッキ上や周辺の商業施設などへ自動運転車で移動できるようにする。訪日外国人がモビリティーを利用しやすいように多言語のサービスも提供する。2018年度内に具体的な事業計画をまとめる予定だ。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら