2020年東京五輪やグリーン車の導入などを見据え、様々な工事が始まっているJR中央線沿線。例えば、御茶ノ水駅は神田川上に工事用桟橋を築き、線路とプラットホームの上空に人工地盤を建設中だ。千駄ケ谷駅は東京体育館側にあった臨時ホームを解体し、新たな新宿方面ホームが姿を現し始めた。
(関連記事:“渓谷”望む駅上に地盤を架ける

 御茶ノ水と千駄ケ谷の間にある飯田橋駅も、大きく変わりつつある。移設する新ホームの全貌が少しずつ見えてきた。

 既存の飯田橋駅ホームは、急カーブと縦断勾配がある線路に沿って設けられている。ホームは曲線半径300mの急曲線上にあり、停車した電車とホームとの間に大きな隙間が生じていた。
(関連記事:飯田橋駅はカーブも勾配もきつかった!

 JR東日本はバリアフリーの観点から、昭和初期から続く飯田橋駅の構造を見直し、曲線が緩やかな200mほど西側にホームを移設する工事を進めている。西口駅舎を建て替えるほか、地元の千代田区と連携して駅前広場も整備する計画だ。

線路の間に出現した飯田橋駅の新ホーム。早稲田通りの牛込橋から見下ろす(写真:大野 雅人)
[画像のクリックで拡大表示]
2018年6月下旬の様子。新ホームの鉄骨が組み上がる(写真:大野 雅人)
[画像のクリックで拡大表示]
工事現場に掲出されている工事概要と完成イメージ図。新ホームは既存のホームから西側に200mほど移設する(写真:大野 雅人)
[画像のクリックで拡大表示]
14年7月時点の飯田橋駅西口。黒いビニールシートが敷かれた付近に新ホームを建設する。かつて引き上げ線の線路があった場所だ。正面奥には三角屋根の旧西口駅舎が見える(写真:大野 雅人)
[画像のクリックで拡大表示]
現在は旧駅舎が解体され、新駅舎の整備に向けて鉄骨柱などの建て込みが進む(写真:大野 雅人)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら