東京・品川の西口駅前を通る国道15号の上空に大規模な広場を造る計画が具体化してきた。国土交通省は9月14日、事業計画の中間取りまとめを実施。国道上空に広場や自動運転車用の交通ターミナルなどを配置する計画案を明らかにした。

品川駅西口駅前広場の将来像。駅前を通る国道15号の上空に人工地盤を設け、その上部に広場や交通ターミナルなどを造る(資料:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]

 事業計画を巡っては、国交省が昨年2月に立体道路制度を使って道路上空を活用する整備方針を決定。約半年後の9月に、広場を整備するための事業協力者として、京浜急行電鉄と西武プロパティーズ、JR東日本の3社を選定し、計画の検討を進めてきた。

 中間取りまとめでは、近接する羽田空港の国際化やリニア中央新幹線の整備なども踏まえ、品川駅西口が備えるべき機能として、交通、交流、サービス、景観、防災、にぎわいの6つを列挙。これらの機能に基づいて、次世代型交通ターミナル、交通と防災の複合ターミナル、人々が集うにぎわい広場、利便性の高い路線バス乗降場――など7つの空間に分類する。

空間分けのコンセプト。品川駅西口の駅前を交通ターミナルや複合ターミナル、にぎわい広場など7つの空間に分ける(資料:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら