井の頭線下北沢駅に出入りする京王電鉄1000系。2013年当時の写真。写真左手に駅ホームがある。右手が渋谷方面。写真奥には本多劇場やヴィレッジヴァンガードが入る下北沢ハイタウン(撮影:大野 雅人)
[画像のクリックで拡大表示]

 京王電鉄の井の頭線は、下北沢駅付近の橋の架け替え工事に伴い、2月18日の始発から午前11時ごろまで渋谷─明大前間で運休する。もともと地上にあった小田急線の線路・ホームをまたぐ仮設の橋(37m)を、コンクリート製の本設の橋に架け替えるためだ。

地下化した小田急線の地上部から井の頭線の新しい橋を見る(撮影:大野 雅人)
[画像のクリックで拡大表示]
井の頭線下北沢駅付近の改良工事の平面図と断面図(出所:京王電鉄)
[画像のクリックで拡大表示]

 小田急線の下北沢駅が地下化され、地上空間にゆとりができたタイミングで同工事を実施。仮設橋の両脇に、新たなコンクリート製本設橋をあらかじめ用意し、仮設橋の撤去と本設橋の横引き・架設を半日かけて実施する。

井の頭線下北沢駅付近の橋架け替え工事の手順(出所:京王電鉄)
[画像のクリックで拡大表示]
下北沢駅(写真左手)に入る京王電鉄1000系。2013年当時の写真。橋の下に地上時代の小田急線下北沢駅が見える(撮影:大野 雅人)
[画像のクリックで拡大表示]

 施工は大成建設・前田建設工業・西松建設・錢高組・三井住友建設JV。2月18日の工事は、上り線渋谷方面の橋の架け替えだ。下り線の架け替えは5月中旬に予定している。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら