昭和初期に建造されたモダンなコンクリート橋「山田橋」。架け替えに伴い解体されたが、保管しておいた部材の一部を生かした広場が2019年3月、鹿児島県姶良市に完成した。市内を流れる山田川を挟んで、旧山田橋の軸線上の3カ所に県が整備した芝生広場「やまだばし思い出テラス」だ(プロジェクトの概要は「昭和モダン橋が送る“第2の人生”」を参照)。前編では、広場整備に至るまでの住民参加のプロセスについてお届けする。

旧山田橋の橋詰め付近に整備した「やまだばし思い出テラス」(右岸側)。写真左側の高さ約3mの親柱は当時の位置のまま両岸に残し、旧橋の高欄を転落防止柵として再利用した。右は新山田橋(写真:イクマ サトシ)
[画像のクリックで拡大表示]

西側からの空撮。新山田橋の写真上側に旧山田橋が架かっていた。旧橋の軸線上の3カ所に芝生広場を整備した(写真:イクマ サトシ)
[画像のクリックで拡大表示]

平面図。鹿児島県、羽野暁九州大学特任助教、建設技術コンサルタンツの資料を基に本誌が作成
[画像のクリックで拡大表示]

アーチが連続する造形に目を奪われた

 鹿児島県姶良市を流れる山田川に、鉄筋コンクリート造の旧山田橋が建造されたのは、1929年。親柱や高欄が残る橋長50mを超える鉄筋コンクリート橋としては、鹿児島県内で最古だ。

1953年当時の旧山田橋(写真:姶良市)
[画像のクリックで拡大表示]

 九州大学キャンパスライフ・健康支援センターの羽野暁特任助教が、初めて旧山田橋を訪れたのは2014年のこと。目を奪われたのが、橋脚や高欄で連続するアーチの形状だ。当時、第一工業大学の講師として、大正から昭和初期にかけて造られたコンクリート橋を研究し、200余りの橋を見て回っていた。

 「戦前の橋はアール・デコ調を取り入れて、四角や丸の開口部が繰り返すデザインが多かった。山田橋のようにアーチをくりぬいた形状が反復するデザインは見たことがなく、手づくりの造形に引かれた」(羽野特任助教)

 だが、当時は既に、県による橋の架け替えに伴う旧橋撤去の方針が決まっていた。老朽化が進む旧橋は洪水時、橋脚に流木が堆積するなど治水上の課題を抱えていた。しかし橋を撤去すれば貴重な“地域遺産”が失われて、たちまち風景が一変してしまう。

解体前の旧山田橋。橋長約60m、幅員約6mの6径間の鉄筋コンクリートT桁橋。橋の奥は取水堰で、川の中央に段状の魚道が見える(写真:第一工業大学羽野研究室)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら