東亜道路工業は、ポットホールの補修や舗装の点検に使える2つのスマートフォン用のアプリを開発した。ポットホールに必要な補修材の量を写真から自動計算したり、車上からの目視点検の結果を簡易に記録したりできるようになる。

スマートフォン用アプリ「ポットホールメジャー」のカメラ機能で撮影している様子(写真:東亜道路工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 1つ目が、ポットホールの補修に必要な合材の量を算出するアプリ「ポットホールメジャー」だ。事前に、スマホから撮影する路面までの距離と、ポットホールの深さの平均値を計測して入力。後は路面をスマホで撮影して、画像のポットホール部分を指でなぞるだけで、面積と体積を自動で算出してくれる。

 補修材料の内訳ごとに必要な重量も自動で計算する。ただし、最適な補修材までは選定できない。

スマホに表示される画像のポットホール部分を塗りつぶすと赤色になる(資料:東亜道路工業)
[画像のクリックで拡大表示]

スマホから路面までの高さとポットホールの深さの平均値を入力すると、ポットホールの面積と体積、補修材料の種類と量が表示される(資料:東亜道路工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 測定結果はPDFで保存する。蓄積した測定記録は、時系列でリスト表示できる。確認したい物件を選択すれば、撮影日時とともに、測定結果や現地の地図が表示される。 

「PDF表示」を選べば、測定情報の詳細が分かる。なお、PDFの閲覧にはビューアーとなる外部アプリをインストールする必要がある(資料:東亜道路工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 主に道路管理者や道路維持会社が巡回パトロールなどで用いることを想定したアプリだが、それ以外の使い方もある。例えば営業用だ。同社では、営業担当者がポットホールを発見した際に、アプリで状態を記録し、道路管理者に補修材料を提案するのに活用している。また、補修材料の使用量の把握や記録にも使える。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら