大林組は、横河ブリッジ、コンクリートコーリング(大阪市)と共同で、道路橋の鋼桁とコンクリート床版の接合部を、ずれ止めも含めて一気に切断する工法「サブマリンスライサー」を開発した。床版とずれ止めを分割して順次撤去する従来工法よりも作業工程が少なくなり、交通規制の期間を65%程度に短縮する。

乾式水平切断工法「サブマリンスライサー」で使う装置。撤去する床版の下に取り付けて使う。主に合成桁の床版撤去用だが、非合成桁の床版にも使える(写真:大林組)
[画像のクリックで拡大表示]

 鋼桁とコンクリート床版をスタッドなどのずれ止めを用いて接合した合成桁に適用する。従来は3段階に分けて撤去していた。まずは落下防止のためにクレーンで床版を吊った状態で、桁の両側の床版を鉛直に切断。次にウオータージェットなどで桁の上に残った床版をはつる。そして最後に、ずれ止めを切断していた。施工ステップが多く、時間がかかることが課題だった。

 開発した工法では、床版を鉛直に切り離さず、いきなり桁と床版を分けるように水平に切断する。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
従来工法での床版撤去の手順(左)と「サブマリンスライサー」による撤去手順(右)のイメージ。従来は桁の両側の床版を鉛直に切断して撤去した後、桁の上に残った床版やずれ止めを撤去していた。新工法では、桁と床版の接合部をずれ止めごと一気に水平切断する(資料:大林組)

 切断装置は超低空頭で、上部に切断用ワイヤが付いている。一般のワイヤソーと違い、押し切る方式を採用した。リモコンによる遠隔操作も可能だ。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら