北斗測量設計社(福島県会津若松市)と日本測量協会は、ドローンによる空中写真測量で、地形の勾配急変部などを精度良く3次元の点群データに変換する手法を共同開発した。従来はレーザー機器の利用が一般的だった植生下の地形も、一定の条件下ならば写真測量が可能なことを確かめた。

 新しい手法では、ドローンを飛ばす前に簡易な目印を勾配急変部に置いたり、現地踏査して計測したりする方法を写真測量に組み合わせた。

開発した手法(上)と一般的な手法(下)による測量成果を同一地点で比較した。下は勾配の急変部の輪郭がぼやけている他、植生が点群に変換されて表面がざらついている。小山のような突起は計測時のノイズなど(資料:北斗測量設計社、日本測量協会)
[画像のクリックで拡大表示]

 ドローンを使った空中写真測量は自動化が進んでいる。作業者が測量範囲などを指定すれば、専用のソフトウエアが編み出した経路に沿ってドローンが一定の高度で飛びながら地上を連写。連続する2枚の写真の8割ほどが一致するように撮影の速度を調整する。その後、点群処理のソフトウエアが、わずかにずれた2枚の写真の共通点を数学的に割り出すなどして、自動で3次元の点群データを作成する。大量の写真を数時間で処理できる利点がある。

(関連記事:ドローン測量のキホン

 半面、起伏や植生のある地形では、測量精度が著しく低下する恐れがあった。最たる例は、勾配が急変する地形の測量だ。急変部が共通点として認識されず、勾配の変化点の座標が抜け落ちることが多い。輪郭がぼやけ、地形を正しく3次元に変換できなかった。

国土地理院の「三次元点群データを使用した断面図作成マニュアル」の2019年3月版から抜粋。勾配急変部を青の破線で示す。写真から点群を作成する一般的なソフトウエアは、左のように勾配の急変を認識しない。中央のように勾配が急変する周囲の点群をつなぎ、輪郭がぼやけた3次元モデルを作ってしまう。開発した手法は、右のように勾配の急変をソフトウエアに認識させることで正確なモデルを作成できる(資料:国土地理院)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら