鹿島は、コンクリートの表層品質を向上させる「美(うつく)シール工法」で、特殊なシートを型枠に自動で貼り付ける装置を開発した。これまでは、複数の作業員が手で貼り付けるため手間がかかっていた他、仕上がりにばらつきがあった。装置を用いることで、1人でもきれいに貼り付けられるようになり、しかも作業時間は6割ほど削減する。

自動貼り付け装置。門型フレームが移動しながら、型枠に高はっ水性の特殊シート「美(うつく)シート」を貼り付ける。装置は屋外でも使用可能だ(写真:鹿島)
[画像のクリックで拡大表示]

 「美シール工法」は2014年に、鹿島と積水成型工業(大阪市)、東京大学大学院の石田哲也教授とで共同開発した、コンクリートの高品質・高耐久化を実現する養生技術だ。高はっ水性の特殊シートを貼り付けた型枠に、コンクリートを打設する。脱型後はシートがコンクリート側に残るため、一度も外気にさらすことなく、長期間、湿潤状態を保てる。シートを剥がすと、表面が密実で”すべすべ”の仕上がりになる。

(関連記事:ピカピカで高耐久なコンクリート橋、東北に出現

(関連記事:樹脂シート貼りの養生で“ツヤツヤコンクリート”

 表面が緻密に仕上がるため、塩分などコンクリートを劣化させる因子が浸透しにくくなり、内部鉄筋の腐食を防ぐ効果がある。これまでに、橋脚や橋台などの大規模工事をはじめ、多数の現場で採用されており、累計実績は約7200m2に及ぶ。

「美シール工法」の適用例。写真は養生後にシートを剥がした状態。光沢を放っている(写真:鹿島)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら