福田組(新潟市)は、NEC、NECソリューションイノベータ、演算工房と共同で、山岳トンネル工事において掘削の出来形が画像で分かる「Te-S(ティーエス)アシスタント」を開発した。複数枚の写真から点群データを生成する「SfM」技術を活用し、撮影後わずか2分ほどで、設計値と比較した掘削深さの過不足を色分けして表示する。インバート部掘削の出来形管理に用いる場合、写真の枚数は10枚前後の想定だ。

SfMで生成した点群データの例(資料:福田組)
[画像のクリックで拡大表示]

インバート部掘削の出来形確認(資料:福田組)
[画像のクリックで拡大表示]

 掘削前に、GCP(既知座標点)となるマーカーを設置して、GCPを含むように掘削箇所を撮影する。撮影した画像は、無線LANでタブレットパソコンに自動転送される。次いで、解析ソフトがGCPを認識し、点群データを生成。掘削箇所の形状と設計図面とを比較して、掘削の過不足などの結果を自動で表示する。

 新潟県で施工中の「竹ケ鼻トンネル」の一部区間で、インバート掘削の管理に適用し、システムの有効性を確認した。10枚前後の画像を用い、精度±10~15mm程度の面的管理を実現した。処理時間は、演算に1分半程度、描画に20秒程度を要した。

Te-Sアシスタントの概要(資料:福田組)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら