フォトラクション(東京・中央)とあいおいニッセイ同和損害保険は、建設業向けクラウド「Photoruction(フォトラクション)」に保存する図面や写真、工程表が外部に漏えいした場合、利用者や第三者が被る損害を補償する「サイバーセキュリティ保険」を共同で開発した。同保険を含む「安心サポートプラン」を、2019年3月から提供している。フォトラクションによると、建設業向けクラウドと保険のセットは世界でも初だ。

安心サポートプランの概要(資料:フォトラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

 保険で賄うのは主に、法律上の損害賠償責任に基づく「損害賠償金」、訴訟や調停、和解、仲裁などにより生じる「争訟費用」、他人に対する権利の保全や行使に必要な手続きに要する「権利保全行使費用」、「訴訟対応費用」の4つだ。

 サイバー攻撃や、盗難または紛失した端末を第三者に悪用される被害の他、メールを誤送信したことによる情報漏えいに対しても保険金は支払われる。保険金の支払い限度額は1億円だ。

保険金を支払う例と支払えない例(資料:フォトラクション)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら