ダンプ車に土砂を3回積み込むのにかかる時間は――。重機のオペレーターだけでなく、建設従事者以外もつい夢中になってしまうAndroid端末用の油圧ショベルの操作訓練アプリを、エンジニアの人材派遣・教育事業を行うトライアロー(東京・港)が開発した。その名も「重機でGO」だ。

スマートフォンのAndroid端末で使えるアプリ。油圧ショベルを操作して、ダンプ車へ土砂を積み込む場面(写真:トライアロー)
[画像のクリックで拡大表示]

ダンプ車へ土砂を3回積み込むまでにかかる時間が表示される(資料:トライアロー)
[画像のクリックで拡大表示]

 2019年5月15日からGoogle Playストアで無料ダウンロードできる予定だ。プロの重機オペレーターの訓練用に使ってもらうため、本物志向にこだわった。

 特徴の1つが、油圧ショベルのレバーの操作パターンを正確に再現している点だ。油圧ショベルのレバーは大別して、以下の2つ。走行装置のクローラーを駆動させる左右の「走行レバー」と、土などをすくうバケットやアーム・ブームから成る作業装置を動かす左右の「作業レバー」だ。

油圧ショベルの基本構造。クローラーが付いている足回りの走行装置と、エンジンや運転席、油圧制御装置などを搭載した上部旋回体、それからバケットやアーム、ブームなどから成る作業装置の3つに分かれる。取材を基に日経コンストラクションが作成
[画像のクリックで拡大表示]

油圧ショベルの運転席の様子。走行レバーと作業レバーがそれぞれ左右に2つずつ配置されている。基本的に、これらの4つのレバーを駆使して油圧ショベルを動かす(写真:寿建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 作業レバーは左と右で、動く部位や動き方が異なる。例えば、左の作業レバーを前に押すとアームが伸び、右の作業レバーを前に押すとブームが下げる。その他、左作業レバーを左に押すと左に旋回するが、右作業レバーを左に押すとバケットをかき込む。開発したアプリでは、このような難解なレバーの操作パターンをそのまま踏襲した。スマートフォンなので、レバーの代わりに画面に表示されるボタンを上下左右に押すことになる。

レバーの選択画面。レバーの操作パターンは、実機をそのまま採用。JIS方式かコマツ方式を選択できる(資料:トライアロー)
[画像のクリックで拡大表示]

 レバーのパターンは、JIS(日本工業規格)方式かコマツ方式のどちらかを選べる。トライアローによると現在、重機のレバーのほとんどがこの2つの方式に分かれるため、両方を扱えるようにした。

 トライアロー営業企画仙台IoTラボの小岩忍プロジェクトマネージャーは言う。「重機を動かして遊ぶゲーム用のアプリはあるが、実際の重機の操作性を反映した本格的なタイプはないはずだ。実技試験前やこれから重機を運転する人の予習・復習に使える」。

 改正出入国管理法が2019年4月1日に施行され、海外の技能実習生の受け入れ体制が変わるのを見据えて、外国人でも扱えるように、アプリでは日本語と英語を選択できる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら