大林組は、複数のカメラとAI(人工知能)を用いて重機の近くにいる作業員を高精度に検知し、接触の恐れがある場合は強制的に重機を停止させる機能を備えた安全装置「クアトロアイズ」を開発した。建設現場で実証試験を行い、高い検知性能を確認した。

クアトロアイズで作業員を検知した様子。大きな合板をかついでいる作業員でも、ヘルメットが見えれば検知してくれる(写真:大林組)
[画像のクリックで拡大表示]

 開発した装置は、重機に後から取り付けられる。2系統のレンズによる視差を利用して空間を把握するステレオカメラ2組を搭載した本体と、制御装置で構成する。本体には、AIや画像処理装置、演算処理装置を組み込んでいる。制御装置は、本体からの信号を受けて警報を鳴らすほか、緊急時には重機を止める働きをする。

重機に取り付けたクアトロアイズ(赤で囲んだ箇所)。ステレオカメラのほか、AIや画像処理装置などを組み込んでいる。制御装置は運転席内に設置する(写真:大林組)
[画像のクリックで拡大表示]

 特徴は、様々な作業姿勢やヘルメットに反応し、人の存在を検知することだ。カメラで撮影した画像の認識処理にディープラーニングを活用し、工事現場で想定される様々な作業姿勢と世界中のヘルメットの特徴を学習させた。作業姿勢かヘルメットのどちらか一方を検出した段階で作業員と判断することが可能となり、検知精度が飛躍的に向上した。

 従来のカメラによる検知システムでは、かがむ姿勢や、体が隠れるほど大きな材料を運んでいる場合には作業員を検知できなかった。これに対してクアトロアイズの実証試験では、かがむ姿勢でも検知。大きな材料で体が隠れてもヘルメットさえ見えれば検知した。

 また、輝度補正などの画像処理技術により、20ルクス程度の比較的暗い現場や逆光にも対応する。20ルクスは、工事中のトンネル坑内の通路などの最暗部の照度に相当する。実際には、これよりも暗い所でも検知することを確認している。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら