国土交通省は工事の発注図面に3次元モデルを使う電子契約を2019年度から試行する。工事の入札公告から契約、設計変更、完成図書の納品まで受発注者が3次元モデルでデータをやり取りする。3次元に対応した契約書や仕様書の様式を検討したうえで、18年度中に試行要領案をまとめる。

試行では、従来の契約で2次元図面を採用していた発注図面に3次元モデルを使う(資料:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]

 同省が9月3日に開いた「BIM/CIM推進委員会」(委員長:矢吹信喜・大阪大学大学院教授)の初会合で試行の実施を発表した。同委員会はCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)の活用推進のため16年に設立した「CIM導入推進委員会」が議論してきた内容を引き継ぐ。

 従来の契約方式では、契約図書に添付する資料を紙に印刷する必要があることなどから、完成検査で3次元モデルと2次元図面の両方を納品しなければならなかった。電子契約に切り替えることで2次元図面を作成する手間を減らし、CIMを導入するハードルを下げる。

 公告から納品までの各段階で作成する3次元モデルの属性情報や表記方法などは、同省が17年度にまとめた「3次元モデル表記標準(案)」に準じる。ただし、曲面などは3次元モデル上で寸法を表現しにくいので、部分的に切り出した2次元図面を併用して対応する。

3次元モデルを発注図面とした電子契約における受発注者間のやり取り(資料:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]
3次元モデルを発注図面とした電子契約の試行を、2019年度から段階的に進める(資料:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら