ソフトバンクと村田製作所は、民間の配送事業者のトラックなどに小型の多機能センサーを乗せることで、道路の路面変状を自動で収集する点検システムを開発した。集めたデータは無線ネットワークを介して一元管理し、予防保全に活用する。7月から京都府宇治市で実証実験を始めた。

村田製作所が開発した多機能センサー。連結しているのは左から順にマイク、GPS(全地球測位システム)、ショックセンサー(写真:村田製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 村田製作所が開発した路面変状を検知する多機能センサーと、ソフトバンクが持つ高精度の測位システムや無線ネットワークを組み合わせて使用する。多機能センサーは、配送事業者のトラックや市内を運行するバスなどに搭載。通常業務のついでに、民間事業者に路面の情報を集めてもらう。点検用の車をわざわざ走らせる必要がない。

 複数台に搭載すれば、道路を網羅的に計測できる。実証実験ではまず、市内に営業所を持つ配送事業者のバン1台にセンサーを取り付けた。市内をくまなく点検するのに必要な車の台数などを検討する。

複数の配送トラックがデータを収集しながら走ることで市内の道路を網羅的に点検できる仕組み(資料:村田製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 変状を見つけた場所は、多機能センサーに接続したGPS(全地球測位システム)を通じて高精度の測位システムである準天頂衛星「みちびき」で特定。さらに、ソフトバンクが保有する無線ネットワークを介してクラウドサーバー上にデータを集約する。道路管理者は、事務所のパソコンで路面の損傷状況を地図上に一覧表示して確認できる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら