西松建設は、斜張橋の斜材ケーブル保護管の損傷を自走しながら調査するロボット「コロコロチェッカー」を改造して、張力測定などの新たな機能を追加した。使い勝手が良くなり、使用できる対象も広がる。

斜張橋のケーブル保護管を自走するコロコロチェッカー。これまでにケーブル保護管15km分を調査した実績がある(写真:西松建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 コロコロチェッカーは、西松建設と佐賀大学の伊藤幸広教授が共同で2012年に開発。ケーブルの保護管をガイドに、一辺50cmの立方体形状のロボットが遠隔無線操作で自走し、内部(保護管と接触する面)に搭載した4台のフルハイビジョンカメラで保護管の外周全面を調査する。高所に張り巡らしているケーブル保護管において、近接目視相当の効率的な調査を可能にした。これまで、国土交通省や高速道路会社などが管理する斜張橋5件で調査実績がある。

内部カメラによる調査モニター画面(写真:西松建設)
[画像のクリックで拡大表示]

調査結果の出力例。内部カメラで撮影した動画をソフトウエアで自動解析し、損傷状況などの展開図まで自動で作成する(資料:西松建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回、コロコロチェッカーに新たに加えた装置が、外部カメラだ。ロボットの進行方向前面にフルハイビジョンカメラ3台を搭載。主塔と保護管との接続部の状況や主塔のコンクリートのひび割れ状況などを確認できるようになった。

左写真の黄色で囲った箇所が、コロコロチェッカー本体に取り付けた外部カメラ。右写真は外部カメラで撮影したコンクリート主塔との接続部(写真:西松建設)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら