大成建設は、ダムの建設工事において施工情報や出来形・品質管理のデータを収集して堤体の3次元モデル上で一元管理するシステム「T-CIM/Dam」を開発した。効率的な情報管理による省力化を狙い、ダムの新設工事の現場で適用を始めた。

T-CIM/Damの3次元モデル。主にコンクリートダムでの使用を想定しているが、今後ロックフィルダムなどにも対応する予定(資料:大成建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 ダムの建設工事で集めるべき施工情報は膨大なうえ、多岐にわたる。例えばコンクリートの打設では強度やスランプ、原石山の採掘では骨材の品質などを記録しなければならない。技術者は様々なデータを野帳に書き込み、工事事務所でパソコンに打ち直して管理する必要があった。堤体は数十万m3に及ぶことも多く、大きな負担だった。

 T-CIM/Damでは、ICT(情報通信技術)を使った管理システムで施工情報を記録する。工種や目的ごとに管理システムを開発しており、タブレット端末などを用いて現場でデータを入力する。データは無線ネットワークを通じて自動で3次元モデルに集約され、これまで個別に管理していた情報を一元化できる。

 技術者は、3次元モデルを操作するだけで様々な施工情報を得られるほか、集めたデータを基にして、出来形帳票や設計変更の根拠書類などを出力することも可能だ。3次元モデルは現場で入力されたデータをリアルタイムで読み込むので、工事事務所や発注者と常に情報共有できるメリットもある。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら