見てすぐ分かるDVD講座「実践 雨漏りを防ぐ 軒ゼロ全盛時代を生き抜くノウハウ」の発行記念として、同DVDに収録したコンテンツの一部を特別に紹介する。今回は前回に引き続いて防水施工が困難な屋根形状をクイズ形式で示す。

 軒ゼロを含む片流れ屋根の建売住宅を数多く手掛ける住宅会社の玉善(名古屋市)は、防止水対策に万全を期す体制を組んでいる。同じ住宅地内で1棟ごとに外観デザインを変えて個性化を図っているため、単純な片流れではなく複雑な屋根形状が多くなりがちだ。

 今回は、玉善の建設本部(工務部門)が材料を拾う前の段階で設計案の屋根形状をチェックし、防水施工が困難であると判断して設計部門に対して形状の修正を指示した事例を示す。

 当初の設計案は、切妻屋根の一部が棟からさらに延び上がり、片流れ状になって南側に500mm突き出し、切妻屋根の上に被さっていた。片流れ屋根のすぐ下の外壁には切妻屋根の頂部がぶつかっていた。

 さて、ここで問題。同社の建設本部が防水施工の観点からこの設計案を問題視した理由は次のどれか。以下の3つから選んでみよう。答えは一つとは限らない。動画をじっくり見れば、そのヒントが隠れているかも…。

(資料:日経ホームビルダー)

答えは…

  • A:片流れ屋根と切妻屋根が交差するふところにルーフィングを敷き込んで折り上げ、複数の板金を施工するのは困難
  • B:片流れ屋根の下の切妻屋根表面に仕上げ材を施工するのが困難
  • C:南側に突き出した片流れ屋根の部分は不安定で野地板が動く可能性がある

 正解は「施工知らずの屋根設計案(解答編)」で確認しよう。

動画のフルバージョンは、DVD講座「実践 雨漏りを防ぐ 軒ゼロ全盛時代を生き抜くノウハウ」に掲載。玉善が実践する軒ゼロ住宅の雨漏り防止策など、ノウハウを満載した。