日本語にも対応済みの心電図アプリ

 心電図の計測が終了すると、下図のように結果が表示される。Apple Watchで確認できるのは文言による結果だけで、心電図自体の表示はない。それにしても日本語対応がしっかりとなされている点が驚きだ。

30秒の計測が終了すると「心房細動の兆候はみられません」と文章で結果が表示される。Apple Watch単体で計測済み心電図を見ることはできない
[画像のクリックで拡大表示]

 測定済みの心電図を見るためには、母艦であるiPhoneの「ヘルスケア」アプリを立ち上げ「心電図(ECG)」をタップする。さらに各心電図の詳細を確認することも可能だ。この心電図を主治医などに見せたい場合は、PDFファイルに書き出すことも可能である。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
測定済み心電図は、iPhoneの「ヘルスケア」アプリで確認することが可能。「洞調律(どうちょうりつ)」は、心臓が正常なリズムを示している状態のこと
iPhoneの「ヘルスケア」アプリから過去の測定済み心電図をPDFで書き出した状態
[画像のクリックで拡大表示]

 実は、心電図以外にも、心臓に関する機能で日本では封じられているものがある。「不規則な心拍リズム」である。心房細動の可能性がある不規則な心拍リズムがApple Watchで測定されると、iPhoneに通知が表示されるというもの。通常の心拍数測定機能だけにとどまらず、一歩踏み込んだヘルスケアを実現している。アップルのサイトには「不規則な心拍の通知を有効にするには、米国内にいて、米国内で購入または修理したデバイスを所有していることが必要です」と記載されている。

米国版Apple Watchをペアリングすると、iPhoneの「Watch」アプリに「不規則な心拍リズム」という通知ボタンが表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 また、心電図機能とは別に、Series 4の新機能として転倒検出機能がある。吉田氏はSeries 4の転倒検出機能の作動を経験したそうだ。ただし、本当に転倒したわけではなく、入浴しようと脱衣所でApple Watchを外しバスタオルの上に何気なくポンと投げたら、Apple Watchが音を鳴らし強く振動し始めたという。

 そのような経験をした後、転倒検出の作動を再現すべく、意図的にApple Watchを幾度となく投げてはみるものの、一度も再現に成功していないという。「衝撃や加速度など、実際の転倒時だけ反応するアルゴリズムが組まれているのだろう。そのため意図的に再現するのは難しいのではないか。最初の作動経験は偶然が重なったのかもしれない」と吉田氏は分析する。

山崎 潤一郎(やまさき じゅんいちろう)
ITジャーナリスト
音楽制作業を営む傍らIT分野のジャーナリストとしても活動。音楽制作業では、クラシック音楽やワールドミュージックといったジャンルを中心に、多数のアルバム制作に携わる。ITジャーナリストとしては、講談社、KADOKAWA、ソフトバンククリエイティブなどから著書多数。鍵盤楽器アプリ「Super Manetron」「Pocket Organ C3B3」などの開発者であると同時に演奏者でもあり、楽器アプリ奏者としてテレビ出演の経験もある。音楽趣味はプログレ。