最新版のiOS 12がリリースされ約1カ月が経過した。アクセス解析サービスを提供する米ミックスパネル(Mixpanel)によると、iOS 12の導入率は54%程度という(10月14日現在)。Androidと比較すると驚異的なアップデート率だが、それでもiOS 11を使い続けている人はまだ多い。

 そのうちのどの程度のユーザーがiOS 12対応機種を利用しているのかはわからないが、筆者は訴えたい。対応機種のユーザーであれば、「ショートカット」アプリのためだけにアップデートする価値は十二分にある、と。とくに時間を有効に使いたいビジネスパーソンであれば、筆者の意図をすぐに理解していただけるだろう。

「Workflow」という名のサードパーティー製アプリをアップルが買収し、iOS 12から純正の「ショートカット」アプリとしてリニューアル。様々なバッチ処理のサンプルが用意されている。
[画像のクリックで拡大表示]

 「ショートカット」アプリは、早い話がiPhone上でバッチ処理を実行する仕組みを提供する。複数の操作を組み合わせ、一括して実行することで様々な処理が可能になる。

 例えば、次の様なことができる。

(1)会社に到着するとリマインダーが起動し、あらかじめ入力しておいた備忘メッセージを通知する。

[画像のクリックで拡大表示]

 これは、処理を起動したときに表示されるリマインダー項目の入力画面である。設定時に会社の住所を登録しておくことで、そこに到着した時点でこの入力メッセージが通知される。

(2)「カレンダー」アプリの予定を読み取って、経路と所要時間を表示してくれる。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 ワンタップで直近の24時間の予定をアクションシートで表示した後、該当する予定をタップすることで、そこまでの所要時間を表示してくれる。「OK」をタップすると「マップ」アプリに遷移し経路も確認可能。

 ショートカットの使い方はとても簡単で、すぐに使えるサンプルがあらかじめ用意されている。それらを自分流にカスタマイズできるし、一から作成することも可能だ。今回は簡単な例で使い方を紹介しよう。