韓国サムスン電子の「Galaxy A7」
(撮影:村元 正剛、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回紹介するSIMフリースマートフォンは、韓国サムスン電子の「Galaxy A7」だ。楽天モバイルが2019年9月6日に発表し、10月1日から販売されている。楽天モバイルのMVNOおよびMNO(自社で基地局などを持つ通信キャリア事業)に対応する端末だ。ただしSIMロックはかけられておらず、他社回線のSIMを挿して使うこともできる。

 価格は税別3万8000円だ。今回は楽天モバイルのMVNOのSIM(ドコモ回線のSIM)を挿して、Galaxy A7の実力を徹底検証した。

デザインや仕様は新しさに欠ける

 Galaxy A7の画面サイズは約6.0インチで、解像度はフルHD+(2220×1080ドット)。最近は画面上部にノッチ(切り欠き)を設けてインカメラを搭載する機種が多いが、Galaxy A7にノッチはない。画面上下のベゼルは太めだ。

 やや古いというか、1〜2世代前のデザインという印象は否めない。主力のGalaxy SシリーズとNoteシリーズが曲面ディスプレーを採用し、左右のベゼルがほとんど見えないほどの狭額縁を実現していることが記憶にあるからかもしれない。

約6.0インチの有機ELディスプレーを搭載。ノッチがなく、今となってはやや古く見えるデザインだ
[画像のクリックで拡大表示]

 本体の底部にUSBポートとイヤホンジャックを備えている。USBポートの形状は最近主流のType-CではなくmicroUSBだ。そこを残念に感じるユーザーもいるだろう。

底部にmicroUSBポートとイヤホンジャックを搭載
[画像のクリックで拡大表示]
右サイドに音量ボタンと電源ボタンを搭載する
[画像のクリックで拡大表示]
電源ボタンは指紋センサーを兼ねる。インカメラでの顔認証にも対応する
[画像のクリックで拡大表示]

 有機ELディスプレーの視認性は申し分ない。ブルーライトを軽減したり、夜間の使用に適した「ナイトモード」に切り替えたりすることもできる。また、スリープ状態で現在時刻や電池残量などを確認できる「Always On Display」機能を搭載している。黒く表示され発光しない部分は、電池をほとんど消耗しない有機ELの特性を生かした機能だ。

ディスプレーの設定画面。目にやさしい「ナイトモード」にも切り替えられる
[画像のクリックで拡大表示]
Galaxyの上位モデルと同じく「Always On Display」に対応
[画像のクリックで拡大表示]

 カラーはブルー、ブラック、ゴールドの3色から選べる。筆者はブルーを借りて使ったが、背面パネルはメタル素材にガラスを重ねたような光沢が強い仕上がりだ。

 一見、フラットで角張った端末に見えるかもしれないが、エッジ部は2.5Dのカーブが施されている。手にすると指先がカーブに当たり、結構良い感じでフィットする。ただし横幅が約76.8ミリと結構あるため、片手でこなせる操作には制約があるだろう。

背面パネルはフラット。この写真ではわかりにくいが、鏡のように光を反射する
[画像のクリックで拡大表示]
よく使うボタンをタッチしやすい位置に表示できる「アシスタントメニュー」を使えば、片手操作が容易になる
[画像のクリックで拡大表示]
左サイドにnanoSIMとmicroSD(最大512Gバイト)のスロットがある。SIMは1枚しか挿せないが、楽天モバイル以外のドコモ回線、au回線のSIMも利用可能だ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら