今回紹介するSIMフリースマホは中国OPPO(オッポ)の「Reno A 128GB」だ。楽天モバイルが2019年9月6日に発表したモデルで、同社が2019年10月1日に開始した独自回線のMNO(移動体通信事業者)サービス(2020年3月までは「無料サポータープログラム」として限定的に提供)と従来のMVNO(仮想移動体通信事業者)サービスのどちらにも対応している。

 Reno Aは今のところ楽天モバイルでの取り扱いしか発表されていないが、SIMロックはかけられておらず、SIMフリーモデルとして発売される。価格は新規申し込みで一括払いの場合は3万5273円(税別)だが、契約条件によっては、さらに安いキャンペーン価格で購入できる場合もある。

大画面ながらスリムで手になじみやすい

 Reno Aを手にした最初の印象は「大画面でスリム」だ。約6.4インチの有機ELディスプレー(AMOLED)を搭載し、解像度は2340×1080ドット。上部に水滴型のノッチを設け、91%の画面占有率を実現している。

画面上部にノッチ(切り欠き)を設け、スクリーンを広く使う、昨今はやりのデザインを採用
(撮影:村元 正剛、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 サイズは高さ約158.4×幅約75.4×厚さ約7.8ミリ。約6.4インチの画面を搭載するので、横幅はそこそこあるが、手に持つとそんなに大きいとは感じないのは、約7.8ミリの薄さゆえだろう。

 背面パネルのエッジに曲面処理が施されているためか、さらに薄く感じる。半透明のスマホケースが同梱(どうこん)されているのだが、ケースを付けても、そんなにサイズアップしたように感じないのはメリットといえる。

充電アダプター、USBケーブル、ステレオイヤホン、スマホケースを同梱
[画像のクリックで拡大表示]
左右のベゼル(額縁)が細く、背面にカーブが施されているためか、6.4インチの大画面を搭載している割にはコンパクトに感じる
[画像のクリックで拡大表示]

 カラーバリエーションはブラックとブルーがあり、筆者はブラックを借りた。ガラスを用いたキレイな仕上がりで、自分の顔が映るほど光沢が強い。3万円台のスマホとしては上々の質感だ。

上品な光沢を放つ背面パネル。FeliCa(おサイフケータイ)に対応していることも魅力
[画像のクリックで拡大表示]

 右サイドに電源ボタン、左サイドに音量ボタンとSIMスロットを配備。SIMスロットには2枚のnanoSIMをセットでき、DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応する。VoLTEはNTTドコモ、au、楽天モバイル、ワイモバイルに対応している。なお、2つ目のSIMスロットにはmicroSDを装着することもできる。底部にはUSB Type-Cポートとイヤホンジャックを備えている。

電源ボタンはOPPOのコーポレートカラーであるグリーンを採用し、デザイン上のアクセントにしている
[画像のクリックで拡大表示]
左サイドに音量ボタンを搭載
[画像のクリックで拡大表示]
SIMスロットはnanoSIMを2枚セットでき、2枚目はmicroSDとの排他利用になっている
[画像のクリックで拡大表示]
独立したイヤホンジャックを備えている。メリットを感じる人も多いだろう
[画像のクリックで拡大表示]

シンプルな操作性のカメラは画質も上々

 アウトカメラは1600万画素+200万画素のデュアルカメラ。200万画素カメラは深度測定用で、「ポートレート」モードで撮影する際に背景をぼかすことができる。

背面にデュアルレンズカメラとLEDフラッシュを搭載
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら