今回紹介するSIMフリースマホは、米グーグル(Google)の「Google Pixel 3a」だ。国内では2019年5月から公式オンラインストアでSIMフリーモデルが販売されている。このほか、NTTドコモ版とソフトバンク版もある。

 Google Pixel 3aは2018年11月に発売された「Google Pixel 3」の廉価モデルだ。CPUの性能には差があるものの、ディスプレーやカメラのスペックに大差はなく、「普及版」と呼んでもいいだろう。

 3aの価格は4万8600円(税込み、以下同じ)だ。Pixel 3(64GBモデル)の価格は9万5000円なので、半額程度である。

 筆者はPixel 3を普段使っていることもあり、「Pixel 3aが出るのを待つべきだったのか?」と思ったこともある。Pixel 3の使い勝手を知っている筆者の視点で、Pixel 3aをチェックしてみた。

ディスプレー画質や背面パネルの質感が微妙に異なる

 Google Pixel 3aを使った印象を述べる前に、上位モデルのPixel 3とのスペックの違いを整理しておこう。

Pixel 3とPixel 3aのスペック比較
Pixel 3Pixel 3a
CPUSnapdragon 845Snapdragon 670
ディスプレー5.5インチ(2160×1080ドット)5.6インチ(2220×1080ドット)
フロントカメラデュアルカメラ(広角+標準)シングルカメラ
バッテリー容量2915mAh3000mAh
ワイヤレス充電
防水-(防滴)

 CPUは、Pixel 3がハイエンド向けのSnapdragon 845を搭載しているのに対し、Pixel 3aはミドルレンジ向けのSnapdragon 670を用いている。画面はPixel 3aが少しだけ縦に長く、そのぶんだけ解像度も高い。

 アウトカメラのスペックは同じだが、フロントカメラに違いがある。Pixel 3は広角レンズを搭載し、グループでの自撮りがしやすいことが特徴だ。

左がPixel 3aで右がPixel 3。横幅はPixel 3aが70.1ミリで、Pixel 3は68.2ミリ。重さはPixel 3aが147グラム、Pixel 3が148グラムでほとんど差はない
(撮影:村元 正剛、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]
左がPixel 3aで右がPixel 3。Pixel 3の背面パネルにはガラスが使われているが、Pixel 3aはポリカーボネート製。見た目の印象にあまり差はないが、手触り感は若干異なる
[画像のクリックで拡大表示]

 Pixel 3aのディスプレーは、Pixel 3と同じく有機ELが採用されている。しかし、同じコンテンツを表示して比べてみると、Pixel 3のほうがコントラストが強く、Pixel 3aは色が薄めに表示されるようだ。

左がPixel 3aで右がPixel 3。明るさを最大にして、「設定」画面を表示してみた。パッと見の印象では、Pixel 3のほうが文字がクッキリと見える
[画像のクリックで拡大表示]
左がPixel 3aで右がPixel 3。筆者がFacebookにアップした同じ写真を表示させてみた。やはり、Pixel 3のほうが色が濃く、鮮やかに表示されるようだ
[画像のクリックで拡大表示]