今回、使ってみたSIMフリースマホはシャープ製の「AQUOS zero」だ。AQUOS zeroは、まず2018年の12月21日にソフトバンク版が発売された。そして、2019年の4月9日にSIMフリーモデルも発売された。

 ソフトバンク版、SIMフリー版どちらもハードウエアの基本仕様は共通している。価格はソフトバンク版は8万6400円(税込み)だが、SIMフリー版の量販店での実売価格は10万5380円(税込み)と、かなり高い設定になっている。10万円で買う価値のある端末なのか。メーカーから借りた端末を1週間使ってみた。

薄型・軽量で持ちやすいデザインが魅力

 AQUOS zeroは、AQUOSブランドのスマホとして初めて有機ELディスプレーを搭載している。画面サイズは約6.2インチで、解像度は2992×1440ドット。アスペクト比は18.7:9で、画面上部にはノッチ(切り欠き)がある。フロントパネルの左右には曲面処理が施されており、最近はやりのデザインと言えるだろう。

約6.2インチの有機ELディスプレーを搭載。黒が締まり、鮮やかな色で表示される
(撮影:村元 正剛、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 背面パネルには、「テクノーラ」というアラミド繊維を用いて、サイドフレームにマグネシウム合金を用いており、軽さと頑丈さを両立させている。約146グラムという重さは、画面サイズが6インチ以上で、電池容量が3000mAhを超える、防水対応のスマートフォンでは世界最軽量(2019年4月9日時点)とのことだ。

背面パネルにはテキスタイル調のデザインが施され、手は滑りにくい。ただし、メーカーから借りた端末は、やや汚れが目立った。ガラスやメタル素材ではないので、汚れが浸透してしまうのかもしれない。長く使い続けたい人はケースに入れて使うべきだろう
[画像のクリックで拡大表示]

 競合モデルとスペックを比べてみたところ、6.1インチ画面のiPhone XRの重さは194グラム。軽さには定評があるGalaxy S10(画面サイズは約6.1インチ)でも約158グラムあった。やはり、AQUOS zeroの軽さは群を抜いていて、端末を手にした瞬間に実感できるレベルだ。

6.1インチの液晶ディスプレーを搭載するiPhone XR(左)よりもひと回り大きい
[画像のクリックで拡大表示]
AQUOS zeroの厚さは約8.8ミリだが、iPhone XR(厚さ8.3ミリ)よりもスリムに見える。重さは約146gで、iPhone XR(194g)よりも圧倒的に軽い
[画像のクリックで拡大表示]
横幅は約73ミリで、手が小さめな女性でも、なんとかつかめるサイズ感
[画像のクリックで拡大表示]