今回、紹介するSIMフリースマートフォンは、トーンモバイルの「TONE e19」だ。トーンモバイルは、NTTドコモの通信ネットワークを借りて通信サービスを提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)であり、専用のスマホを開発・販売する端末メーカーでもある。自社でインフラは持たないものの、大手キャリアと同じように、通信・端末・独自サービスをトータルで提供する会社だ。

 トーンモバイルは、DVDレンタルや書籍販売を手掛けるTSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)グループの企業。TONE e19は「TSUTAYAで買える格安スマホ」である。高速通信を使わず、電話番号が050から始まるIP電話を使うのであれば、月額1000円(税別)で利用可能だ。子どもに安全に使わせる機能・サービスに力を入れており、子どもの行動を見守ったり、利用を制限したりする機能を備えている。

 2019年3月1日に発売された「TONE e19」は1万9800円(税抜)。発表会では「iPhone1台分の価格で家族全員が持てる」という安さもアピールされた。子どもだけでなく、大人が使っても満足できる端末なのか。トーンモバイルから借りた端末を1週間ほど使ってみた。

トレンドを踏まえた王道デザインを採用

 ディスプレーは5.93インチで、解像度は1512×720ドット。画面上部にノッチ(切り欠き)があり、iPhone XSに近いデザインといえる。その価格でトレンドを踏まえたデザインを採用していることは評価すべきだろう。

 ただし、ベゼル(外枠)は太めで、特にディスプレーの下の縁は11ミリほどの幅がある。そこにナビゲーションキーや指紋センサーなどが搭載されているわけではないので、個人的には、もったいないスペースに思えた。

5.93インチの液晶ディスプレーを搭載。上部にノッチ(切り欠き)がある、流行のデザインを採用
(撮影:村元 正剛、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 本体の横幅は73.2ミリ。持ちやすいサイズ感で、片手でも電話をかけたり、メールをチェックしたりできる。文字入力アプリに米グーグル(Google)の「Gboard」が初期搭載されているので、片手で文字入力できる人も少なくないだろう。

サイズは高さ153.4×幅73.2×厚さ8.6ミリで、重さは約166グラム。最近のスマホとしては平均的なサイズ感だ
[画像のクリックで拡大表示]

 本体右側に電源ボタンと音量ボタンを配置。上部にイヤホンジャック、下部にmicroUSBポート。左側にSIMとmicroSDのスロットを備えている。

 トーンモバイルのSIMを挿して使う前提で開発された端末だが、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応しており、海外渡航時に現地で使えるSIMを挿すことも可能だ。また、2枚のnanoSIMと1枚のmicroSDを同時にセットできるトリプルスロットになっていることは利点だ。

本体右側に電源ボタンと音量ボタンを搭載。電源ボタンは手触りでわかるようになっている
[画像のクリックで拡大表示]
上部に3.5ミリ穴のイヤホンジャック
[画像のクリックで拡大表示]
底部のUSBポートは、以前からよくあるmicroUSB
[画像のクリックで拡大表示]
トリプルスロットを搭載し、nanoSIMを2枚とmicroSD(最大256Gバイト)を1枚セットできる
[画像のクリックで拡大表示]