2020年から大規模な教育改革が始まる。その目玉の1つ「論理的思考」の育成は、ITの進化、グローバル化を生き抜くために必須とされている。東京・神保町の建築専門書店「南洋堂書店」の関口奈央子氏が、2019年10月は「思考」をテーマに4冊を紹介します。第2回は「アイデアを実現させる建築的思考術 アーキテクチュアル・シンキング」(西澤明洋著、日経BP、2019年)。様々な分野に応用できる「建築的思考」について学びます。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら