SNSにおける「炎上」や「ヘイト(嫌悪・憎悪)」など、インターネットを介して広まる「感情」を発端とした社会問題が増加している。東京・神保町の建築専門書店「南洋堂書店」の関口奈央子氏が、7月は「エモーショナル(エモい)」をテーマに3冊を紹介します。第1回は「建築のそれからにまつわる5本の映画」(中山英之著、TOTO出版、2019年)。「映画」と「建築」の共通点と違いから感性に訴えかけるものについて考えます。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら