「令和」の幕開けが近づき、「平成」を振り返る機運がますます高まっている。4月、5月の本欄は、東京・神保町の建築専門書店「南洋堂書店」の関口奈央子氏が、「平成の建築を変えた名著」15冊を紹介する。第3回は、「東京の地霊」(鈴木博之著、1990年)、「リノベーション・スタディーズ」(五十嵐太郎著、リノベーション・スタディーズ編、2003年)の2冊。「記憶」を設計に取り入れることが欠かせなくなった昨今の流れを考えさせる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら