スマートフォンを使ったキャッシュレス決済が盛り上がるなど、キャッシュレス化にまい進する日本。東京・神保町の建築専門書店「南洋堂書店」の関口奈央子氏が、今月は、「経済と建築」をテーマに書籍4冊を紹介します。2冊目は「隈研吾という身体 自らを語る」(大津若果著、2018年)。オリンピックへ向けて加速する東京で一番目立っている建築家、隈研吾氏から、これからの建築について考えます。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら