みなさん、モバイルしていますか?

 旅行で役立つ機器といえばスマートフォンでしょう。電話としての基本機能に加えて、ネットの検索機能、マップアプリによる位置情報などを活用すれば、初めて訪れた場所でもスムーズに移動できます。

 旅先の位置情報の確認は「Googleマップ」などの地図アプリを利用するのが一般的です。Googleマップには目的地の検索機能があり、位置を検索した後に「経路」を選択することで車、電車、徒歩、配車による経路と時間が表示されます。

 例えば経路で車を選択すると、渋滞情報とともに複数のルートが表示されます。電車は時間の短い順に表示され、出発到着時間を選択することで、最適な経路を選べます。

移動経路を記録

 このように便利なGoogleマップですが、実は旅が終わった後も活用できることをご存知でしょうか。それが「タイムライン」という機能です。Android端末を例に、使い方をご紹介しましょう。

アプリ「Googleマップ」のタイムラインの説明画面
[画像のクリックで拡大表示]

 この機能は、1日移動したルートを自動取得して、地図上に表示します。Googleマップを起動していなくても、現在地とロケーション履歴を有効にしておけば、AndroidもiOSも自動的にGPSによる位置情報を取得します。タイムラインを使って、旅行した日付を選択すると、そのルートが地図上に表示されます。

ルートが表示された画面
[画像のクリックで拡大表示]

 また、スマートフォンで撮影した写真を「Googleフォト」に共有している場合は、タイムラインに表示されます。写真に関しては、GPSデータを保存する設定は不要です。撮影時間に合わせて、タイムライン上に表示されます。

 ちょっとした裏技として、デジカメで撮影した写真に関しても、スマートフォンのカメラで撮影した写真が入っているフォルダーに保存すれば、タイムライン上に表示させることが可能です。

タイムラインに写真が表示された画面
[画像のクリックで拡大表示]