(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 2019年9月20日の「iOS 13」登場と同時に、米アップル(Apple)の定額制ゲーム配信サービス「Apple Arcade」がリリースされた。iPhoneをはじめとするアップル製端末でゲームが遊べるサービスだ。筆者はApple Arcadeを一1カ月間、本気で遊んでみた。筆者が面白いと感じたファンタジーRPGと併せて、Apple Arcadeの使用感を紹介しよう。

ファミリー共有で家族6人まで遊び放題

 Apple Arcadeは「App Store」アプリに新設された「Arcade」タブからアクセスする。画面を開くとゲームのタイトルがずらりと並んでいる。ゲームをアプリとして端末にダウンロードしてプレーする点はこれまでのゲームと大きく変わらない。

 違いの1つは、Apple Arcadeタブに並んでいるゲームはすべて「マルチデバイス対応」で、自分がプレーしているゲームの続きを他のアップル製端末でも遊べる点。通勤通学の合間にiPhoneでプレーし、休日にはiPadやApple TV(アップル製のセットトップボックス)、Macなどでじっくり遊ぶといったことも簡単だ。

 もう1つの違いは定額制のサービスである点。月額600円(税別)で、Apple Arcadeのゲームを全て遊び放題。初めの1カ月は体験期間として無料で利用可能だ。また課金という概念はないので、追加料金のことを考えずに思い切り遊ぶことができる。

 筆者は、初めに月額600円と聞いたときはピンとこなかった。安いと言えば安いのだけれど、これまでは遊びたいゲームにお金を支払ってきたわけで、毎月固定で600円支払うことになると思うと高いような気もした。

 それでも使ってみることに決めた理由は、筆者にはゲームが好きな高校生の息子がおり、一緒に遊んでみようと思ったからだ。我が家ではゲームは単なる遊びではなく、大切な「コミュニケーションツール」でもある。共通のプラットフォームで同じゲームを始められるのだから、コミュニケーションもはかどるに違いない。

 アップル製端末を使う際に用いるユーザーアカウント「Apple ID」には「ファミリー共有」という仕組みがあり、メインのApple IDにメンバーを最大5人まで登録できる。これによって全員の支払いをメインのApple IDで行ったり、メンバーの誰かが購入した1つのアプリやコンテンツを共有したりするなど、様々な機能が提供される。

 ファミリー共有を使えば本人も含め、Apple Arcadeを月額600円で6人まで利用できるわけだ。我が家は2人で利用するので、1人当たり月額300円になる計算だ。そう考えると安いと思えたのも、Apple Arcadeを使ってみようと思った理由だ。

「App Store」アプリの中に「Apple Arcade」タブが新設。これをタップしてサービスへの登録、ゲームのダウンロードを行う
[画像のクリックで拡大表示]
「ファミリー共有」機能を利用すれば、月額600円(税別)で最大6人がApple Arcadeで遊ぶことができる。図は、妻と息子をファミリ共有のメンバーにした筆者宅の例(赤枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら