(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 2019年9月10日に開かれた米アップル(Apple)のスペシャルイベントでは「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」「Apple Watch Series 5」のほかに、「iPad(第7世代)」が発表された。名前に「Air」や「Pro」などが付かないため「無印iPad」とも呼ばれている。

 無印iPadはスペック的に最下位といったこともあり、iPad Proを愛用している筆者としては、安価であること以外に注目する点はないと考えていた。それどころか、これから購入する人には無印iPadではなく、「iPad Air(第3世代)」を薦めていたのである。

 しかし今回のiPad(第7世代)を2週間ほど試用したところ、機能や使い勝手の面でも魅力がアップしていると感じた。

 筆者が今でも愛用している「iPad Pro(10.5型)」は、iPad Air(第3世代)ときょう体はほぼ同じなので、iPad(第7世代)とiPad Pro(10.5型)の見た目の比較も交えてリポートする。特にiPad Air(第3世代)とiPad(第7世代)のどちらを購入しようか迷っている人は参考にしてほしい。

画面は10.2型と少し大きくなって若干狭額縁に

 iPad(第7世代)は、これまでの無印iPadと異なるきょう体で登場した。分かりやすい特徴は搭載されているディスプレーが9.7型から10.2型と少し大きくなったことだ。きょう体は厚みが変わらず、縦横が少し長くなった(縦250.6mm×横174.1mm×厚さ7.5mm)。重さも478gから493gへと重くなっている(Wi-Fi+Cellularモデルの場合)。

 この縦横の長さはiPad Air(第3世代)と全く同じ。「Smartコネクター」も搭載されており、従来から販売されている純正のキーボード付きカバー「Smart Keyboard」もジャストサイズで使えるようになった。

左が「iPad(第7世代)」で、右が「iPad Pro(10.5型)」。iPad Pro(10.5型)は「iPad Air(第3世代)」と画面やきょう体のサイズは同じなので、見た目の比較にはなるだろう。遠目からでは区別が難しくなった
[画像のクリックで拡大表示]
iPad(第7世代)(左)は、iPad Pro(10.5型)(右)と並べて比較すると、まだ額縁が広いことがわかるが、これまでよりも十分洗練されたデザインになったと思う
[画像のクリックで拡大表示]

 少しだけマニアックな話をすると、「iPad(第6世代)」は、2013年〜2014年に販売されていた「iPad Air(第1世代)」のきょう体を流用することでコストダウンを図っていたため、デザイン的には今風ではなく、「額縁」が広かった。

 今回のiPad(第7世代)は、他のモデルほどではないものの「狭額縁」になっている。筆者がもっとも気に入ったのは、スペック以上にこの部分。「以前よりも格好良くなったからお薦め」と言えるぐらいだ。

 価格は、ストレージサイズが32GBのWi-Fiモデルがアップルの直販サイトで3万4800円(税別)。iPad(第6世代)より3000円も安くなっている点も驚きだ。価格やSmart Keyboardへの対応を考えたらとてもお買い得になった。ユーザーによってはiPad(第7世代)もお薦めできる。

「Wi-Fi+Cellular」モデルの背面上部にあるアンテナが収納されている部分は、これまでの無印iPadと同様の樹脂製パーツになっている。「iPhone 11 Pro」と並べるとどちらもアップルマークが中央にあるため印象がそろう
[画像のクリックで拡大表示]
背面のカメラは8メガピクセルで、出っ張りがないところも含めてiPad Air(第3世代)と同じ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら