(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 購入した新しいiPhoneに、これまで使っていたiPhoneの設定やデータを移行する場合、通常は旧iPhoneのバックアップを取り、そのデータを用いて新iPhoneを復元という流れになる。

 標準機能でサポートされているバックアップは、パソコンのiTunesで行うか、米アップル(Apple)が提供するクラウドストレージ「iCloud」を使用するかのどちらだが、前者はパソコンを持っていないと利用できず、後者はある程度大きなストレージサイズを利用できるプランを契約していなければならない。

 これらの他に、iOS 12.4で新しいデータ移行の方法が追加された。パソコンやiCloudを使わずに、iPhone同士で直接データを転送する。今回はこの方法の使い方やポイントを紹介しよう。

スタートアップアシスタントから利用する

 iPhone同士でデータを転送する機能は、iOS 12.4以降でサポートされている。両方のiPhoneがiOS 12.4以降でなければならない。本記事では、iOS 13およびiOS 13.1の端末を使用した。

 ここでは、この機能を「iPhoneからデータを転送」機能と呼ぶことにする。なお現時点ではiPhone同士でしか利用できず、iPad同士、iPhoneとiPadといった組み合わせでは動作しない。

 「iPhoneからデータを転送」は、データの転送先となるiPhoneで初めて電源を入れた際に起動する「スタートアップアシスタント」の中で行う。すでに使っているiPhoneにデータを転送したい場合は、まず「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」とタップして、端末のすべてのデータを初期化する。次に起動した際にスタートアップアシスタントが起動するので、以降は同様の手順を踏むことになる。

 転送元となるiPhoneでは、これまでのバックアップと復元のように、Suicaを使用している場合は、あらかじめ削除して残高などの情報をサーバーに退避しよう。Apple Watchはペアリングを解除しておこう(これによってApple WatchのバックアップがiPhoneに取られる)。転送完了後の作業がスムーズになる。

「iPhoneからデータを転送」機能を利用するには、iPhoneの初回電源投入時に起動する「スタートアップアシスタント」上で作業を進めていく
[画像のクリックで拡大表示]
すでに使っているiPhoneに他のiPhoneからデータを転送する場合は、リセットで完全に初期化すると、次に起動したときにスタートアップアシスタントが起動する
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら