(写真:伊藤朝輝)
[画像のクリックで拡大表示]

 米アップル(Apple)からiPhoneの2019年モデル「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」が登場し、「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「iPhone XS」「iPhone XS Max」が現行モデルのラインアップから退いた。その一方で2017年発売の「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」、2018年発売の「iPhone XR」は継続販売される。

 旧モデルの継続販売は例年のことではあるが、iPhone XRの新価格に筆者は驚いた(以下、価格はアップル直販サイトのApple Storeより)。iPhone XRは2万〜2万1000円も安くなっている。同様にiPhone 8/8 Plusは1万5000円〜1万6000円値下げされた。

 iPhoneの買い替えを考えている人には朗報ではないだろうか。そこで今回は、なるべくコストを抑えてiPhoneの現行機種を購入したいユーザーを念頭に、どちらのモデルが自分にとってベストなのかを判断するために、iPhone XRとiPhone 8、iPhone 8 Plusの違いについて紹介していこう。

モデル構成と価格を確認

 iPhone XRは、64GB(税別6万4800円)と128GB(税別6万9800円)の2モデルを販売。256GBモデルは無くなった。

 iPhone 8は64GB(税別5万2800円)と128GB(税別5万7800円)、iPhone 8 Plusは64GB(税別6万2800円)と128GB(税別6万7800円)だ。新たに128GBモデルが登場し、256GBモデルは無くなった。

 表にまとめたので参考にしてほしい。旧価格のiPhone 8(64GB)よりも新価格のiPhone XR(64GB)のほうが安くなっており、iPhone XRがよりお買い得に思える。

2018年に発売されたiPhone XR、2017年に発売されたiPhone 8/8 Plusは、引き続き現行モデルとして販売される
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]
iPhone 8/8 Plus/XRの新価格と旧価格。iPhone 8/8 Plusの128GBモデルは今回初登場なので旧価格は「なし」とした。価格はすべて税別
[画像のクリックで拡大表示]

 カジュアルにiPhoneを使いたい場合、「ストレージは256GBも要らないので、減らしてその分安くしてほしい」と考える人も多いだろう。そうしたユーザーには、64GBか128GBという選択肢はちょうどよい。

 筆者は、256GBのiPhone Xを使っており、おおむねストレスなく使えている。自分が128GBモデルを使うのは厳しいだろうと思うものの、家族が使っているiPhoneの様子を見ると、128GBで足りるユーザーが圧倒的に多数だと考える。新価格では64GBと128GBの価格差がどの機種でも5000円なので、迷うなら128GBを選択するのもよいかもしれない。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら