iPhoneは日常の瞬間を気軽に写真や動画として記録できるが、iPhone使用歴が長くなると写真の枚数が増えてきて、整理に困っている人も多いのではないだろうか。

 前回は、iPhoneで撮影した数年分の写真から、位置情報を使って目的の写真を見つけ出す方法を紹介した。今回は見つけた写真を再度探さずに済むように整理する方法をいくつか紹介しよう。

(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

メディアタイプごとのアルバムを利用する

 iPhoneで撮影した写真は、「写真」アプリの「アルバム」という機能を使って整理するのが基本だ。わざわざユーザーが新規のアルバムを作成しなくても、システムが用意している「メディアタイプ」ごとのアルバムで済む場合もある。

 「写真」アプリで「アルバム」タブをタップし画面を上にスクロールすると「メディアタイプ」と書かれた下に「ビデオ」「セルフィー」などのアルバムがある。iPhoneで撮影した写真やビデオが、メディアの種類ごとに自動的に分けられている。

「写真」アプリの「アルバム」を表示すると下のほうに「メディアタイプ」ごとのアルバムがあらかじめ用意されており、写真やビデオが自動で分類される。なお「Live Photos」には撮影時に「Live Photos」をオンにして撮影した写真が入る
[画像のクリックで拡大表示]

 枚数が少ない場合はメディアタイプごとのアルバムをそのまま使っていけば済む場合が多い。筆者はスクリーンショットを撮ることが多いが、システム規定の「スクリーンショット」アルバムだけで足りることがほとんどだ。

筆者がよく使う「スクリーンショット」アルバム。通常の写真やビデオは表示されずスクリーンショットだけを確認できる。本記事を執筆する際にも活用している
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら