iPhoneのアプリから提供される情報を一目で確認したり、素早く実行したりできる「ウィジェット」という機能をご存じだろうか。カレンダーに登録しておいた直近の予定を確認できるのはもちろん、「最寄り駅から次の電車が何分後に出発するか」のように、すぐに確認したい情報が欲しい形で提供されるのがウィジェットの便利なところだ。

(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回は、iPhoneのウィジェットの使い方と、普段の生活やビジネスの現場で役立つウィジェットを紹介しよう。

ロック画面を右にスワイプしてウィジェットを表示

 iPhoneのウィジェットは「今日の表示」と呼ばれる専用の1画面にまとめて表示される。「今日の表示」とは妙な名前だが、正式名称だ。

 「今日の表示」を表示する方法は、ロック中の表示を許可するかどうかで多少異なる。まずはロック中の表示を許可する設定の場合を見てみよう。

ロックを解除せずに「今日の表示」を利用するには、設定の「Face IDとパスコード」または「Touch IDとパスコード」で「今日の表示」をオンにしておく(赤枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]

 ロック中に「今日の表示」を利用するなら、「Face IDとパスコード」または「Touch IDとパスコード」のそれぞれの画面の「今日の表示」をオンにする。この設定では、ロック画面を右にスワイプすると一発で「今日の表示」を表示できる。これが最も素早い方法だろう。

 ロック中の表示を許可しない設定の場合、まずロックを解除してから右にスワイプする。顔認証の「Face ID」搭載モデルなら画面を見ていればロックも外れるので、ウィジェットをスムーズに使える。

ウィジェットが表示される「今日の表示」画面。顔認証の「Face ID」搭載モデルではロック画面を右スワイプで表示するのが最も簡単。ホーム画面の1ページ目を右にスワイプ、または通知センター画面を右にスワイプでも表示できる
[画像のクリックで拡大表示]

 ロック解除に指紋認証の「Touch ID」を使うモデルでは、まずホームボタンを指で触れて認証しなければならないため、ちょっと面倒かもしれない。ホームボタンをタッチすると、画面上部に一瞬だけ「ロック解除」と表示される。この状態で右にスワイプするとウィジェットが表示される。

 ただ、習慣的にまずはホームボタンを押し込んでホーム画面を表示するユーザーは多いはず。この場合、ロック画面を右スワイプするというやり方は使えない。

 他のやり方もある。1つは、ホーム画面の1ページ目を右にスワイプして「今日の表示」を開く方法。もう1つは通知センターを表示して、その画面を右にスワイプする方法である。後者はアプリ使用中でも呼び出せる点が便利だ。ちなみに通知センターは画面の上端から下に向かってスワイプすると表示される(Face ID搭載モデルではノッチ(切り欠き)部分およびその左側を下にスワイプする)。

 前述のように、Face ID搭載モデルではロック中の「今日の表示」へのアクセスを許可しない設定でも、画面を見るだけでロック解除されるため、ロック画面から右スワイプだけで「今日の表示」を利用できる。他の人に「今日の表示」を勝手に見られることなく、自分は制限なく利用できるので、Face ID搭載モデルでは「今日の表示」はオフがお勧めだ。