インターネット共有にBluetoothを使う方法

 ここまではWi-Fiを使った接続方法を見てきた。

 親機のiPhoneと子機のApple IDが同じなら、子機側だけで接続できる前述のInstant Hotspot機能の使い勝手がよいが、そうではない場合に子機側だけでコントロールする方法がある。それはWi-Fiではなく、Bluetoothでインターネット共有を使う方法である。

 初めに親機で「インターネット共有」画面を表示しておくのは同じだが、子機ではBluetoothの設定画面を表示する。iPhoneの名前が表示されるのでタップしよう。

 親機および子機がペアリング画面になるので、承認するとインターネット共有が開始する。

 Bluetoothでテザリングするメリットは、ペアリングが済んでいると親機を操作することなく、Instant Hotspotと同じように子機側だけで接続や切断ができる点。こまめに切断と再接続をしながら使いたい場合にも適している。またWi-Fiでテザリングするよりも双方のバッテリー消費を抑えられる点も安心だ。

Bluetoothの設定画面から親機のiPhoneとペアリング。一度設定すると、子機側の操作だけで接続や切断ができる
[画像のクリックで拡大表示]

 デメリットは、通信にBluetoothを使用するため、1M〜2Mbps程度の通信速度になってしまう点。容量の大きなファイルを転送するには向いていない。メールチェックやメッセンジャーなどの軽い作業に使うとよいだろう。

 子機でWi-Fiを使ってインターネット共有に接続したのち、同じ子機からBluetoothでもインターネット共有に接続すると、Wi-Fiで高速通信しつつ無通信状態が続いても切断されないという“裏技”がある。iPhoneで契約しているデータ通信量の使い過ぎに注意して活用しよう。