アップル製端末ならパスワード入力不要

 インターネット共有を最も簡単に利用できるのは、子機もアップル製端末の場合だ。ここではiPadを例にインターネット共有を利用する方法を紹介する。

 親機のiPhone側ではあらかじめ「インターネット共有」画面を表示する点は同様。次に子機のiPadで「設定」→「Wi-Fi」とタップすると「ネットワークを選択」と表示されたリストの中に、iPhoneの名前が表示されるのでタップしよう。

 パスワード入力画面になるが、このとき、親機に表示されている「“インターネット共有”を共有」をタップすれば、子機に自動的にパスワードが入力されてインターネット共有を開始する。

iPadの「設定」→「Wi-Fi」とタップして表示された画面で、インターネット共有を提供するiPhone名をタップ(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]
親機のiPhone側に表示された「“インターネット共有”を共有」をタップすれば、子機側にパスワードが自動的に入力されてインターネット共有が始まる
[画像のクリックで拡大表示]

 ちなみに親機と子機が両方とも同じApple IDを使っているなら「Instant Hotspot」という機能が有効になっている。このおかげで「インターネット共有」のオン/オフによらず、子機を親機に接続してインターネット共有を利用できる。この場合、親機で「インターネット共有」画面を表示しておく必要はなく、画面がロックされていてもよい。

 iPhoneをバッグの中に入れたまま、手元のiPadだけでインターネット共有を利用できるので、かなり使い勝手はよい。ただし、Instant Hotspot機能でインターネット共有を利用する端末は、双方ともWi-FiとBluetoothがオンになっている必要がある。

親機のiPhoneと同じApple IDで使用している子機では、他のアクセスポイントとは異なり「インターネット共有」と独立した項目に表示されている。タップするだけで利用可能だ(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]