米アップル(Apple)の人気の完全ワイヤレスイヤホン「AirPods(エアポッズ)」がアップデートされて第2世代となった。筆者も発売日(2019年3月26日)に手に入れて早速使っている。

(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回は、第2世代を実際に使って分かった第1世代との違いやワイヤレス充電の性能を中心に、その使い心地を紹介する。

ワイヤレス充電に対応したケースが登場

 AirPods(第2世代)には2つのモデルがあり、それぞれの名称は「AirPods with Wireless Charging Case」(税別2万2800円)と「AirPods with Charging Case」(税別1万7800円)。

 AirPods本体はどちらも第2世代で同じだが、充電用のケースが異なる。前者はQi(チー)規格によるワイヤレス充電とLightningケーブルによる有線充電の両方に対応している。後者はAirPods(第1世代)と同様にLightningケーブルによる有線充電のみの対応だ。

AirPodsのワイヤレス充電ケースは、ケースの正面にLEDがある。これまでと同じように緑、オレンジ、白に光り、AirPods本体やケースの充電量、ペアリング状態を示す。ワイヤレス充電ケースは充電器に正しく置くとしばらく点灯する
[画像のクリックで拡大表示]
左がAirPods(第1世代)、右がワイヤレス充電対応のAirPods(第2世代)。正面のLEDの他、背面のボタンの位置、ヒンジに使われている金属素材の材質などに違いはあるが、遠目にはほとんど同じだ
[画像のクリックで拡大表示]

 ワイヤレス充電に対応するケース「Wireless Charging Case for AirPods」(税別8800円)が単体で販売されているので、第1世代のユーザーもこのケースだけ買えば、ワイヤレス充電に対応できる。

 アップルが新AirPodsを2019年3月20日に発表してまず驚いたのは、「本当に出た」こと。AirPodsがワイヤレス充電に対応するという噂は聞こえていたけれども、ケースのサイズを変えずにできるのだろうかと思っていたからだ。

 実は、2018年8月ごろにAirPodsをワイヤレス充電に対応させるサードパーティー製のカバーを購入した。カバーという性格上、サイズが大きくなるのは分かってはいたものの、予想外に大きく重くなってしまい、洋服やバッグのポケットからの出し入れでストレスを感じることが多かった。

 また、カバーがケースの充電端子を使うため、ワイヤレス充電環境の無い所ではカバーを外して、ケーブルを接続しなければならず、着脱も面倒だったのだ。

有線充電のみのケースでワイヤレス充電できるようにするサードパーティー製のカバー(左)。一回り大きくなり重くなるだけでなく、有線充電したいときにカバーを外さなければならないのが欠点
[画像のクリックで拡大表示]